20191011 THE NETHER@東京グローブ座

十五祭行ったりドリボ行ったりした感想を!と思いながら9月が終わっておりました。

さて10月。いよいよ北山くんの舞台が始まる・・・ってことできたどうとか、ANNPの電話の感じとか、北山くんジワジワ追い込まれてるのかなぁあんまりそういう風には見せないけどそれでもまぁまぁ追い込まれてるって発信してるなって思ってましたがいかんせんチケットがないもので、まぁ・・・当日券取れたらいいなと思うばかりでした。

そして10月10日。朝起きた時からなんか行けそうな気がするって勝手に思ってて(思うだけはただなので)、でもまぁ今日から当日券電話がスタートなので終わるまでにいつかかかればいいなってくらいに思ってたらいきなり取れたよ・・・っていう。やっぱ予感って大事ですね。あんなモヤモヤした2か月なんだったんだってそれはこうなったから思えるのであってまぁその2か月も大事な2か月でした。

そんなこんなで台風近づく中、初日のグローブ座へ行ってきました。

話の内容からして楽しいシーンはあんまりないだろうなって心してはいましたが静かに淡々とした会話が最初の方は続いて、間の取り方とか難しいだろうなって思いました。でも北山くんの声は抑揚がありすぎず静かに響いていて調子良さそうって思って観ていました。なんだろう・・・静かなる気合?気迫?を感じました。

衣装は全編スーツでたまにジャケットを脱いでベスト姿に。ベスト姿になるとちょっとキスどきのディーラーぽいなって思いつつ。

平田満さん、中村梅雀さんとものすごくがっつり台詞のやり取りがあるのとすごい量だし言葉も難しいし本人も言ってたけど翻訳劇なので言い回しとかが聞いてる方も慣れるまで、ん?え?って大変だった。セリフ多いと早口になりがちだけど北山くんきちんと恐れずに間を取るところは取ってて、口調も普段若者ちっくなのでイントネーションとかナチュラルにいい感じだなって思ったら梅雀さんに自分のセリフ読んでもらって録音して夜な夜な聞いていたと!!!なんて甘え上手!キュンとしました。

途中でちょっとずつあれ?この人が?この人で?みたいにうっすらとわかってきそうな気配があるんだけどすぐに靄がかかってしまう感じ。ラストにむかって真実が明らかになっていった後の北山くんと満さんのお芝居が見事としか言えない。NETHERを出ることになった満さんに「あなたは自由だ」(細かなニュアンス覚えてませんが)と告げるこの矛盾さがね。北山くんの目からキラキラ落ちてく涙がめちゃくちゃきれいでびっくり。

満さんと梅雀さんのポプラのシーンが切なすぎて、でもこれって梅雀さんにしかできないわ!と思いながら観てました。ラストシーン、雪が降る中傘をさして歩き始めようとする北山くんが空を見上げるシーンが美人すぎてラストにぴったりだった。静かに切なく終わっていきました。余韻がすごい。

カーテンコールは最初に北山くんだけ出てきてお辞儀、その後皆さんを呼んで(ていうか北山くんがそっと両手を広げると皆さんが出てきてくれる)全員でお辞儀。これが2回あって、3回目はまた北山くんが出てきてお辞儀した後皆さんが出てこなくてん?ん?みたいにきょろきょろした後「あ、俺だけかw」的にニコニコ笑ってた顔がもう北山くんでこっちもほっとしたよ。

とにもかくにもチャレンジする北山くんのことを観られて感無量でした。千秋楽まで北山くんらしく頑張ってください。


天気予報くらいに曖昧

十五祭の感想書こうと思ったら先に発表されてしまったので感想の前に亮ちゃんの脱退・退所について。

とは言え去る者には次の場所でも輝いてくださいってこちらは受け入れる以外の選択肢はないので。

 

5人は正直解散して個人仕事って手もあったわけで、それでもグループ活動をしたいと思ってくれたのか、ファンのためを思ってくれたのかわかりませんけど続けることを選んでくれた彼らに精一杯の激励を贈りたいです。だって絶対しんどいもんね。

 

ローリング・コースターが好きだと言ってた亮ちゃん。私もこの歌一番好きだよ。ことあるごとに歌ってくれてありがとうね。

続・目指せグローブ座

昨日はみっくん主演舞台「THE NETHER」の一般発売でした。朝からコンビニに行き、妹にも手伝ってもらい、夫には電話をかけてもらったんだけれどもぜーんぜん取れませんでした。ていうか割と早い段階で夫の電話がつながったけど延々日付選択しているうちに終わったんだよね・・・あれも運だな。まぁしかし自分が後悔しない程度には行動したので満足です。あとは始まったら当日券電話をかけるだけー。

 

8/5にFCの当落で落選してからこの月末までずっとなんとなくモヤついてしまったことだけがもったいなかった。せっかくの楽しい夏。。。北山くんのことなので言うまでもないのですがこの作品が素晴らしいものになってまたたくさんオファー来て次々に舞台やってくれたらまたわたしにも行くチャンスが巡ってくると思うので、またその時にいちいちモヤモヤしないように精神を鍛えたいです。

 

グローブ座は結構当日券が出るので、最終的にそれで観に行くぞー!というつもりで気持ちよく秋を迎えます。

20190831 ドン・ジュアン@TBS赤坂ACTシアター

藤ヶ谷君の舞台「ドン・ジュアン」に昨夜行ってきました。開幕して2公演目だったのだけどもうすっごく雰囲気良くてお稽古中から築き上げたものを爆発させるぞーっていう意気込みを感じました。

 

1階のセンターブロックの真ん中くらいの列だったのですが、やはり正面は目線がビシビシ来るのでいいなと思いました。上口さんはまんべんなく目線送っててさすが♡って思いましたけど。

その上口さんの歌声から舞台が始まっていくのですが、鶴見さん、春野さん、恒松さん、上口さんの歌声が圧巻過ぎて最初から心掴まれます。この最初の歌でドン・ジュアンは亡くなっているのだなということがわかって、いよいよ彼の物語が始まっていきます。舞台中央からシルエットで出てくるドン・ジュアン・・・かっこいい。でも全然声を発しません。焦らす~。いざ声を発し歌い始めてからは藤ヶ谷君の世界。太すぎず細すぎずいつも歌で聴いている藤ヶ谷くんの声とはまた違った歌声にググッと身を乗り出して観たいようなそんな興奮。こんな藤ヶ谷くん観たことない!でした、まさに。

 

ジャニーズの中でもそもそもダンスとか歌に定評のある・・・というまでではないですよね、たいぴは。表立って歌がいい!ダンスがいい!というわけではないっていう意味で。だから今回の舞台って相当な挑戦だったと思うし様々なお稽古が本当に大変だったろうなと思います。そして周りの方が皆さん芸達者な方すぎて。だけど上口さんと歌の応酬というかやり取りが多くてそこに全然不安を感じることなく観ていた自分に気づくと改めて藤ヶ谷くんの努力がすごすぎるって思います。

 

こういった外部舞台のジャニーズの子が主演のミュージカルってあまり観ることがないんだけど、ここまで攻めた内容っていうのは珍しいかな?って気もするし、間違いなくこれはもうたいぴの代表作になると思うので、再演の再演の再演・・・でずっと毎年か数年おきでもいいので続けていってもらいたいです。せっかく学んだフラメンコやらなにやら、継続していけばもっともっと素晴らしいものになるでしょうし、まずは本当にこのご縁に感謝ですね。人が開花する瞬間を観てしまった!っていう感じ。

 

まだ刈谷の大千秋楽までは長い道のりですので、喉を大切に、ドン・ジュアンな日々をエロく正しく美しく生き抜いて欲しいです。

少年たち 追悼上映

先週末なのですが、ジャニーさんの追悼上映で少年たち観に行ってきました。Jr.を推す習性がないのでデビュー決まったら顔と名前を覚えるという感じでこれまでやってきましたので、ストスノデビュー記念ってのもあって行きました。そんなわけなので内容全く知らず。随分前から舞台やってるけどほんっと内容知らなかった・・・。映画も裕さん出てるけどって思いながら他の子ほぼ知らないしなーって思っていたら思わぬタイミングで観る機会を与えられました。こういうタイミングも、あぁジャニーさんだなーって気がします。

 

ドリボのKAT-TUN VS 関ジャニ∞をなんとなく彷彿とさせるテーマでやっぱりこういうのジャニーズの伝統になってきてるなーって思いました。髙地くんの刑務所に来た理由が抜群のエピソードだった・・・似合う・・・。

 

横山さんはクールに静かに陰のある男を演じておられました。ケガさせられて足が悪いっていう設定・・・最高に似合う!!観てよかったです。風貌が寅さんみたいで昭和??って思ったけどそれもありです。

 

しかし今またJr.が群雄割拠ですねー。まぁまぁ名前を覚えた子たちもいるけど今後またいつだれがデビューしていくのかも楽しみですね。

20190810 KAT-TUN LIVE TOUR 2019 IGNITE@横浜アリーナ

8/10の昼の部に行ってきました。

 

衣装豪華~。何着あったんだろう?7か8はあったような。中丸君が相変わらずごてごてした衣装でもなんなく着こなしているのがかっこいい。

 

アルバム聴いて一番好きだなって思っていたA MUSEUMは、この前博多でアミュに行ってきたのでより一層愛しく感じました。わたしは中丸君を横から見る感じだったので右手をぐっぱぐっぱしてるのかなかわいいなって思ってたんですけどTwitterで指でカウント取っていたって流れてきてそういうことかーと。どっちにしてもかわいい。

 

亀ちゃんのソロはいろんな可能性があるなぁと唸りました。衣装もめちゃくちゃかわいかった。自撮りであそこまで綺麗って・・・さすが亀ちゃん。アリーナクラスだからこその遊びというのかな。亀ちゃんの魅力詰まっていました。

 

久しぶりのDモは中丸君は終始がっつりとムービングに這いつくばってムービング下のお客さんにファンサしていたのでちょっとだけ物足りないー。Dモはゆるく踊る中丸君が好きなんだけどでもガッツリ這いつくばってる中丸君も結構よかったです。

 

去年から大人なコンサートだなーって思ってるんだけど、決しておとなしいとかじゃなくてもちろんちょうアツいんですよ。特に上田さん。めちゃ熱い。でも緩急の付け所が巧いんだろうな~。いっぱい経験あるもんな。そういえばSHE SAID…はまたもやハイパーロバ丸がありました。ありがたや。

 

MCで中丸君がやりたいことどんどん言ってかないと、指くわえてたって誰も助けてくれないんですよ、もう3人になっちゃったんだからとか言っててこういうのを言えてしまうのが中丸君だなと思いました。中丸君って必死感を全然隠さないよね。ハロハロとかWe are KAT-TUNとかはもう楽しい時間から派生したと思ってぎるんですけど、亀ちゃんにぐいぐいと「今回のツアーでどこが好き??」って聞いてた中丸君が逆にどこ?って聞き返されて即答でWe are KAT-TUN!て答えたのが笑いました。いい意味です。中丸君が楽しいと思うこと、それが亀ちゃんやたっちゃんにも派生してコンサートに生かされるって新しいしいいよね。次も期待してます。

20180810→20190810

去年の8月10日、キスマイちゃんのかわいい動画がアップされたあの日から、1年毎日キスログ更新するねと言われてこりゃもう脳内のキスマイフォルダに日々格納されてくことが増えちゃってたいへん!って思ってましたけどやっぱりたいへんでとてもとても幸せな日々でした。今日何食べたのかとか、今日も7人でいるとか、暑がってるとか寒がってるとか、365日あったらそりゃ色々な日があるよね。同じ日を生きてるーって思えることがいっぱいあって楽しかった。

 

そして昨日も何人か更新してくれていて。

 

北山くんの9年目の1日目っていうのを見て、また9周年に向けて1日1日、例え更新はなくともキスマイちゃんをきちんと感じていけたらいいなと思ったよ。

 

今年も8月10日をメンバーで(そしてスタッフさんと)過ごせたようであたたかい気持ちになったし写真もみんなかわええええ。北山くんは金髪でちょっと痩せてなんか若返ったし女子のよう。かわいい。玉ちゃんの短めな髪型もお気に入りです。

 

KITAYAMA DOU?は、ツイッターにも書いたんだけどすーんごく絶妙な距離感で言葉を紡いでくるなーって思いました。さすが作詞する人。さすがキスされる距離に行く方も悪いって言う人。

Sengaismは、なんというか謎のチッチッチッチックイズとか、私服写真のセンスとか、頭に??が並んだりしながらも楽しくてよく笑って読んでいました。これからも私服写真見たいー。

萌え日記は、宮っちらしいというか、すごくいろんなことたくさん書いてくれてほんとサービス精神の人だなぁと思ったな。姫と呼ばれるのも嬉し恥ずかしですね。ちゃんとどこどこへ行ったって堂々書いてくれてるのも宮っちが趣味を楽しんでるなってわかってほっこりしました。

わったー写真館は、自然の写真が多くて癒されました。でもシンガポールの写真すごく感動した。たまにメンバーを載せてくれるのも渉さんの優しさ。

たいぴーすふるは、たまに絵文字?の誤爆があって面白かった。写真のセンスもえ??みたいな(いい意味で)。ドラマや舞台稽古でいっぱいいっぱいな感じも伝わってきて、リアルにすごくこの1年の充実感が伝わってきました。

まいにちたまもりゆうたは、さすが毎日更新していただけあって全員の更新が始まってもちょうマイペースな玉ちゃんって感じでありつつ、時折真面目モードだったりして、これからも毎日見るよ~~。

にかちゃんの海ときどき○○は、素っ気なかったあの時代は何処!ってくらい甘えん坊高嗣がさく裂していて読むのが大変でした。たいがいずっと甘えん坊ポエムでした。

 

ところで千ちゃんのお別れの言葉がダジャレに繋げたかったためだったとは。。。高度すぎるわw全身脱毛に続いて千ちゃんワールド全開でしたな。多忙な中、1年間毎日ありがとうございました。8周年おめでとうございました。