THE NETHERのねたばれ感想

なんか公演期間中はネタバレに配慮配慮!みたいなツイートをたくさん見かけたのでこんな僻地に見に来る人もいないだろうけど一応検索とかで引っかかってしまったら申し訳ないなってことで、今になりました。

 

最初、モリスはドイルのことを少し自分の父親に重ねて見ているのかなと思っていました。ネットの世界にはまり込んで現実に目を向けてくれない父親という意味で。そういう気持ちも少なからずあったのだと思うけれど、ウッドナットとしての自分で出会ってしまったアイリスへの初恋の気持ちから、ドイルを助けたい、パパよりももっと自分を見てほしいと色々言葉をかけていたのだね。最後に一緒にハイダウェイにログインしようといったモリスが職務上ギリギリ許されているっていったんだけど果たしてそれが本当だったのかはわからないというか、私には越権行為だったようなそんな気がしました。なんていうんだろう・・・目の前でアイリスがパパに振られるところを見たいって思ってしまったんだろうかモリスは…(怖)でもそれをきっかけにドイルは命を絶ってしまう・・・これがラストシーンのあの雪のシーンに重なってもう切なくて切なくて。

モリスは自分をあまり見てくれなかった父親を恨む気持ちもあって、そして捜査官という立場もあって、NETHERにハマりすぎる人々のことを軽蔑の目で見つつも自分も結局ハイダウェイに居心地の良さを感じてしまっている葛藤があり、シムズがモリスに性的な話題を振って挑発する時の北山くんの表情はゆがんでいて、1回目に見た時はピュアゆえの表情だったのかしらと思ったけど2回目では自分もアイリスに恋してしまっている複雑な表情だったのね。ここの北山くんすごくよかったから。

 

最後の方のシムズとドイルのシーンは何というか演出もぎりぎりを狙ってきているといったらいいのか、はっきり言って初見だと「え?これそういう気持ちで見たらいいの?」って思ってしまうシーンかも知れない。梅雀さんだからこそ許されるっていうのもあるし。滑稽だからこそ、ドイルは自分がハイダウェイで少女の姿であるということを暴かれたくなかったのだろうなとも思える。モリスとドイルの関係性に感情移入しているとひたすら切ないシーンだし、第三者目線だとえ???は???って笑いが起きるのもむしろ納得というか、もう本当に狙ってきてるシーンなんだとわたしは思いました。でも2回目に観劇した後にも書いたんだけど、このシーンにはいったいどういう意味があったのかって自分なりに考えると、その前のモリスの「今も昔も人は学んで成長していく」っていう台詞がわたしはすごく心に残ったので、あれは本来の姿で愛した愛された思念…ていうのか、シムズはログアウトしてしまったけれどまたハイダウェイに変わる彼の中の世界での出来事なのではないのかな・・・と思っています。いやまぁシムズがそんなにいい人かっていうとそういう感じもないけど平田さんがパンフで語ってたことを読むとなんかそうでもいいかなって。

 

他にも心にずっしりぐさりとくるセリフがいろいろあって、シムズのハイダウェイにくるお客様は普遍性(連続性だっけ)を求めているとか、親しくなりすぎると問題が起きるとかそれを受けてのアイリスの好きになりすぎない等等ネットの世界では今もすでに起こりそうな?起こっている?ことだなぁと思いました。シムズは自分が若い頃に好きだった近所の女の子の面影を今もハイダウェイで利用していて、己の欲を満たすためにその彼女は普遍的でなければならなかったのだけど、自分が変わっていくように対象も変わっていくものなので、「好きになった時のまま」なんてありえないってことなんだよね。それに現実の自分のことは話さない(あくまで仮想現実の中の関係)というのも、でもやっぱり相手のことをもっと知りたくなってしまうというのは世の常だし、演出の瀬戸山さんもそういう人間の気持ちが文化を発展させてきたと書いているので、これからの未来、もっと仮想現実が身近になってきたら現実世界でのマナー、仮想現実の出会でのマナーともっといろいろ気を遣うことが増えていきそうだなと思ってしまった。

 

恋愛ものではないんだけど、全員が誰かを恋しく思っているという不思議なお話で、それぞれその気持ちが暴走していって不幸が起きてしまうっていう、身近ではないけどいつ起きてもおかしくはないような、そんな作品だったと思います。北山くんについてはその膨大のセリフ量や言葉遣いがとにかくすごいって話題になっていたけどふとした表情や本当に私が一番すごいって思ったのは、間の取り方で、練習の賜物だなぁと思って観ていました。もちろん北山くん自身の感覚も優れているのだと思う。本当に素晴らしい作品を観られて記憶に刻まれたことが何よりうれしいです。

20191023 THE NETHER@東京グローブ座

即位礼の中継流れる中、お電話リンリンしましたら思いのほか早くつながりましたので、2度目のTHE NETHERに行ってまいりました。

 

舞台を観ると最後どうしてもポジティブに持っていきたくなるわたしは今回は最後のシムズとドイルのシーンを何とかポジティブに解釈してみようと思いました。と、いうか、そこまではそんなにそういうふうにも思っていなかったのだけど、その前のシムズとモリスのシーンで、ハイダウェイのサーバーの在りかをモリスに告げ、自分を現実世界に放ったらどういうことになるかといった一種脅しのような言葉を投げかけられたモリスが「今も昔も人は学んで生きていくんです」(うろ覚え)と言うんです。初日に観た時はそれよりもその後の「あなたは自由だ」って台詞の方がズーンと来て、ネットの世界が自由だったはずなのに、現実の方が自由になってしまうことの矛盾に切なさを感じていました。だけど昨日は学んで生きてゆくっていう台詞の方に心が持っていかれて、あ、これはちょっと考えようによってはポジティブなのかもしれない、モリスはシムズにまだやり直せると示唆しているのかしら??と思ったのです。そう考えるとシムズとドイルのシーンでの、最後にアイリスとのシーンにはなかった「どんなに愛しているか君にはわからないだろうね」というこの一言は、シムズが「こう言えていたら変わっていたのかもしれない」と学んだ結果の思念だったのかな、、、と。

 

となるとモリスだけが取り残されてというか報われない感じで最後の雪のシーンもひたすら悲しいんですが、結局モリスも学んで生きていくしかないのだなという、最初のシーンは雨だったけどラストは雪になっていて、すべてを包み込むといいますか、モリスの辛い過去を包んでくれようとしていて、だけどモリスはまだちょっと後悔があって・・・でも決して悲しいラストではないのかもしれないなーと昨日は思いました。

 

それでもやっぱりどうしても切なさが残る作品だな。2回目を観られてよかったです。初日には余裕がなくて細かく記憶に残すことのできなかった表情や動きもこの日は気がつくことができて、もちろん最初に観た感覚のままでも満足だったのだけど、より満足感が満たされました。いつかの未来にこんな日が来るのかはわからないけれど、現実の自分を捨てて仮想空間に移住まで考えるというのは悲しいようで、だけどリセットというか、次への逃げ場があるという意味で、どうなんだろうな。不思議な感覚だなと思いました。そしてそういう世界の中でモリスのように現実世界を大切にしたい一方で仮想空間の居心地の良さにどうしても惹かれてしまう葛藤もあるのだろうなー。

 

北山くんもだいぶお疲れかなと思いきや昨日とてもよかった。ずっと北山くんの発する声に包まれていたいって思ったよ。熱演でした。

 

 

当日券についてですが、私は会社も家もまぁまぁグローブ座に近いので、当日券でもキャンセル待ちでも全然アリだなと思いました。そういうところは利点だなと。観たい舞台がFCで外れて一般も取れないって実は長いジャニオタ人生の中で初めてだったのでハ~終わったって思ったんですけどそもそもそんなだから当日券って未体験だったので、システムがわかってよかったです。次また外れちゃってもあきらめずに希望をもって頑張ります。

 

 

anan表紙

 

anan(アンアン) 2019/10/30号 No.2173 [骨でカラダ調整。/北山宏光]

anan(アンアン) 2019/10/30号 No.2173 [骨でカラダ調整。/北山宏光]

 

 キスマイ北山宏光『anan』表紙ソロ初登場「ノーブルで俊敏なカラダを披露」

北山宏光Kis-My-Ft2)が表紙に登場する『anan 2173号』が10月23日に刊行される。

現在、テレビドラマ『ミリオンジョー』、舞台『THE NETHER』に出演中の北山宏光が単独初表紙を飾る同号の特集は、骨盤、背骨、肩甲骨ケアから体作りを指南する「骨でカラダ調整」。「パーカスタイル」「デニムスタイル」「ライダーススタイル」「ニットスタイル」の4つのシチュエーションで撮影された北山のグラビアを掲載する。

さらに自身の体との向きあい方や、仕事をするうえで「軸」になっていることについて、Kis-My-Ft2のメンバーから学んだことを交えて語ったインタビューも収録。

北山宏光Kis-My-Ft2)のコメント
この仕事をする人間として、普段から決まったメニューを継続していいラインをキープすることは常に意識しています。この撮影が決まって、さらに自分のカラダと向き合ってコンディションを高めてきました。鍛えてきたカラダを披露できるのはうれしいです。

 北山くんが、anan初ソロ表紙すっるよー!本人も「うれしー」って言ってたけどファンも「うれしー」です。とてもとても。ネットでは軒並み予約を終了していてすごい。私も予約したし朝一駅の売店でも買う予定です。

そんなわけで、ミューコロのMCを思い出してここ数日はこれを観ております。 

 「anan(の表紙飾った玉ちゃんとガヤさん)には勝てねえ!!」って言ってたみっくん。「前3人なんだからしっかりしてよ」って宮っちに言われていたみっくん。キスマイちゃんに対しては常にド新規の私にも、だんだん思い出す過去が増えてきたんだなと実感いたしました。おめでとみっくん。

20191011 THE NETHER@東京グローブ座

十五祭行ったりドリボ行ったりした感想を!と思いながら9月が終わっておりました。

さて10月。いよいよ北山くんの舞台が始まる・・・ってことできたどうとか、ANNPの電話の感じとか、北山くんジワジワ追い込まれてるのかなぁあんまりそういう風には見せないけどそれでもまぁまぁ追い込まれてるって発信してるなって思ってましたがいかんせんチケットがないもので、まぁ・・・当日券取れたらいいなと思うばかりでした。

そして10月10日。朝起きた時からなんか行けそうな気がするって勝手に思ってて(思うだけはただなので)、でもまぁ今日から当日券電話がスタートなので終わるまでにいつかかかればいいなってくらいに思ってたらいきなり取れたよ・・・っていう。やっぱ予感って大事ですね。あんなモヤモヤした2か月なんだったんだってそれはこうなったから思えるのであってまぁその2か月も大事な2か月でした。

そんなこんなで台風近づく中、初日のグローブ座へ行ってきました。


www.thenether2019.jp

 

インターネットが発達した近未来。
人々は<ネザー/NETHER>という仮想空間で膨大な時間を過ごしている。捜査官・モリス(北山宏光)はネザーで おこなわれる犯罪を取り締まっている。尋問室で、彼はシムズ(平田満)という男と対峙していた。シムズには自分の管理する「ハイダウェイ」というエリアで子供との性行為を提供しているという疑惑があった。モリスはハイダウェイの顧客だったドイル(中村梅雀)という男の尋問も並行して進めていく。
また、モリスはハイダウェイに潜入捜査官・ウッドナット(シライケイタ)を送り込んでいた。ウッドナットはそこでアイリス (長谷川凜音/植原星空)という美しい少女と出会う。

 



話の内容からして楽しいシーンはあんまりないだろうなって心してはいましたが静かに淡々とした会話が最初の方は続いて、間の取り方とか難しいだろうなって思いました。でも北山くんの声は抑揚がありすぎず静かに響いていて調子良さそうって思って観ていました。なんだろう・・・静かなる気合?気迫?を感じました。

衣装は全編スーツでたまにジャケットを脱いでベスト姿に。ベスト姿になるとちょっとキスどきのディーラーぽいなって思いつつ。

平田満さん、中村梅雀さんとものすごくがっつり台詞のやり取りがあるのとすごい量だし言葉も難しいし本人も言ってたけど翻訳劇なので言い回しとかが聞いてる方も慣れるまで、ん?え?って大変だった。セリフ多いと早口になりがちだけど北山くんきちんと恐れずに間を取るところは取ってて、口調も普段若者ちっくなのでイントネーションとかナチュラルにいい感じだなって思ったら梅雀さんに自分のセリフ読んでもらって録音して夜な夜な聞いていたと!!!なんて甘え上手!キュンとしました。

途中でちょっとずつあれ?この人が?この人で?みたいにうっすらとわかってきそうな気配があるんだけどすぐに靄がかかってしまう感じ。ラストにむかって真実が明らかになっていった後の北山くんと満さんのお芝居が見事としか言えない。NETHERを出ることになった満さんに「あなたは自由だ」(細かなニュアンス覚えてませんが)と告げるこの矛盾さがね。自由を求めて仮想空間を作り、そこに来たはずなのに結局は現実が自由であることの何とも言えない矛盾や葛藤や・・・北山くんの目からキラキラ落ちてく涙がめちゃくちゃきれいでびっくり。

満さんと梅雀さんのポプラのシーンが切なすぎて、でもこれって梅雀さんにしかできないわ!と思いながら観てました。ラストシーン、雪が降る中傘をさして歩き始めようとする北山くんが空を見上げるシーンが美人すぎてラストにぴったりだった。静かに切なく終わっていきました。余韻がすごい。

カーテンコールは最初に北山くんだけ出てきてお辞儀、その後皆さんを呼んで(ていうか北山くんがそっと両手を広げると皆さんが出てきてくれる)全員でお辞儀。これが2回あって、3回目はまた北山くんが出てきてお辞儀した後皆さんが出てこなくてん?ん?みたいにきょろきょろした後「あ、俺だけかw」的にニコニコ笑ってた顔がもう北山くんでこっちもほっとしたよ。

とにもかくにもチャレンジする北山くんのことを観られて感無量でした。千秋楽まで北山くんらしく頑張ってください。


天気予報くらいに曖昧

十五祭の感想書こうと思ったら先に発表されてしまったので感想の前に亮ちゃんの脱退・退所について。

とは言え去る者には次の場所でも輝いてくださいってこちらは受け入れる以外の選択肢はないので。

 

5人は正直解散して個人仕事って手もあったわけで、それでもグループ活動をしたいと思ってくれたのか、ファンのためを思ってくれたのかわかりませんけど続けることを選んでくれた彼らに精一杯の激励を贈りたいです。だって絶対しんどいもんね。

 

ローリング・コースターが好きだと言ってた亮ちゃん。私もこの歌一番好きだよ。ことあるごとに歌ってくれてありがとうね。

続・目指せグローブ座

昨日はみっくん主演舞台「THE NETHER」の一般発売でした。朝からコンビニに行き、妹にも手伝ってもらい、夫には電話をかけてもらったんだけれどもぜーんぜん取れませんでした。ていうか割と早い段階で夫の電話がつながったけど延々日付選択しているうちに終わったんだよね・・・あれも運だな。まぁしかし自分が後悔しない程度には行動したので満足です。あとは始まったら当日券電話をかけるだけー。

 

8/5にFCの当落で落選してからこの月末までずっとなんとなくモヤついてしまったことだけがもったいなかった。せっかくの楽しい夏。。。北山くんのことなので言うまでもないのですがこの作品が素晴らしいものになってまたたくさんオファー来て次々に舞台やってくれたらまたわたしにも行くチャンスが巡ってくると思うので、またその時にいちいちモヤモヤしないように精神を鍛えたいです。

 

グローブ座は結構当日券が出るので、最終的にそれで観に行くぞー!というつもりで気持ちよく秋を迎えます。

20190831 ドン・ジュアン@TBS赤坂ACTシアター

藤ヶ谷君の舞台「ドン・ジュアン」に昨夜行ってきました。開幕して2公演目だったのだけどもうすっごく雰囲気良くてお稽古中から築き上げたものを爆発させるぞーっていう意気込みを感じました。

 

1階のセンターブロックの真ん中くらいの列だったのですが、やはり正面は目線がビシビシ来るのでいいなと思いました。上口さんはまんべんなく目線送っててさすが♡って思いましたけど。

その上口さんの歌声から舞台が始まっていくのですが、鶴見さん、春野さん、恒松さん、上口さんの歌声が圧巻過ぎて最初から心掴まれます。この最初の歌でドン・ジュアンは亡くなっているのだなということがわかって、いよいよ彼の物語が始まっていきます。舞台中央からシルエットで出てくるドン・ジュアン・・・かっこいい。でも全然声を発しません。焦らす~。いざ声を発し歌い始めてからは藤ヶ谷君の世界。太すぎず細すぎずいつも歌で聴いている藤ヶ谷くんの声とはまた違った歌声にググッと身を乗り出して観たいようなそんな興奮。こんな藤ヶ谷くん観たことない!でした、まさに。

 

ジャニーズの中でもそもそもダンスとか歌に定評のある・・・というまでではないですよね、たいぴは。表立って歌がいい!ダンスがいい!というわけではないっていう意味で。だから今回の舞台って相当な挑戦だったと思うし様々なお稽古が本当に大変だったろうなと思います。そして周りの方が皆さん芸達者な方すぎて。だけど上口さんと歌の応酬というかやり取りが多くてそこに全然不安を感じることなく観ていた自分に気づくと改めて藤ヶ谷くんの努力がすごすぎるって思います。

 

こういった外部舞台のジャニーズの子が主演のミュージカルってあまり観ることがないんだけど、ここまで攻めた内容っていうのは珍しいかな?って気もするし、間違いなくこれはもうたいぴの代表作になると思うので、再演の再演の再演・・・でずっと毎年か数年おきでもいいので続けていってもらいたいです。せっかく学んだフラメンコやらなにやら、継続していけばもっともっと素晴らしいものになるでしょうし、まずは本当にこのご縁に感謝ですね。人が開花する瞬間を観てしまった!っていう感じ。

 

まだ刈谷の大千秋楽までは長い道のりですので、喉を大切に、ドン・ジュアンな日々をエロく正しく美しく生き抜いて欲しいです。