20221001 Endless SHOCK@博多座

台風に悩まされた9月を超えて、10月頭、博多座で、Endless SHOCKを観てきました。

行きの飛行機でトップガン観たけどもちろん途中で着陸なわけですが、帰りは映画観られないタイプの飛行機だった・・・。

 

Endless SHOCK、作品自体は14年前に一度観たきりでしたが、ストーリーは固まっているので軽く昔を思い出しつつ観劇。

考えてみれば当時は光一さんも20代だったわけで、なんかもうちょっと血気盛んな感じがありました。ライバル役が屋良くんでしたし。いまは光一さん40代、北山くん30代後半ですし、前は理想に向かってピュアに夢見るうちに歯車が狂ってしまったのかなぁと受け取った部分も、何となくもっと深いというか、駆け引きだったり人に見せたくない部分だったり・・・なんというか大人なEndless SHOCKの世界を感じました。

キスマイにハマる前の方が断然舞台に通っていたので結構北山くんが出た事務所の舞台作品って大体観てきているんですよね。今回はここ数年の俳優業を経て、ライバル役をやったら面白いんじゃないかって周りが思ってくれたってこともあってか、やっぱり北山くんは北山くんなりのライバル役を演じていたと思います。「雨の中屋上で踊っていたコウイチを見て、もう着いて行けないって思ったんだ」という台詞がとても印象的だった。自分だってショーにかける思いはあるはずなんだけど、でももっとスターになりたいとか、恋もするし将来も考えるし大変なことは大変だという非常に現実的なキャラクターで、みんなだっていいものを作るためにひたすらコウイチについていくのは大変じゃない??違うの??っていう戸惑いを感じました。多くの仲間たちはデビューできずに去っていく世界で生きてきた彼らには日常的な問題なのだろうなと思えました。

話は変わって、今年のアリーナツアー、ドームツアー通して北山くんは常に普段通りを意識するという気持ちでステージに臨んでいたとのことなんだけど、それはすべてEndless SHOCKを想定してのことなのかもしれないなぁと思いました。コンサートって客の反応次第でテンションややりとりも変わってくるものだと思っているけど、奇しくも今は客側も大きな反応はできないわけで。まぁうちわとかペンラとか拍手とか、こちらとしては最大限に反応するつもりはあってもどうしたってこれまでの有観客とは違うよね。だとするとより一定のパフォーマンス力が求められると思うし、北山くんとしてはそこを意識してパフォーマンスすることに意味があると考えていたのかなぁという気がする。昨日よりいい、初日よりいい、というよりも、いつも通りいいを目指していくところが北山くんらしいなぁと勝手に納得しておりました。

コンサートじゃない北山くんの歌もとても良かったです。体やのどのケアはきっと大変だったと思うけど、Endless SHOCKに限らずミュージカルはまた観たいと思っています。

ホテルから近かったので、北山くんが雑誌撮影していた橋にも。

そして絶対に食べたかったまくりの葱爆麺。博多に行ったらこれです(とんこつではないのか)。

本当に天気が良くて、暑かった。久しぶりの博多は楽しかったです。また早く来られますように。

防振双眼鏡

次回のドームツアーの時に防振買おうって昨年思っていたんですけど、すっかり忘れていたんですね。

西武初日で妹の防振見せてもらって、おお、これはなかなかいいねって思ったけど、まぁなぁでもなぁ・・・と。

それで西武の2日目の席がセンステ近くの縦花沿いのアリーナ席だったんですが、そりゃもうめっちゃみなさんをお近くで観ることができたんですよね。その時に北山くんが客席を見下ろしてフッッて感じで笑った時に目に見えて?客席がどわぁぁぁぁってなる空気感とでもいうんでしょうか。ほんとなんか倒れるって感じにそこら一帯がなりまして(わたしも)。やっぱりきちんと表情が見えるってすご!って実感したんです。それで、西武の帰りの長い電車内で妹に品番とか聞いて、翌日にビックカメラに走ってました。でも妹と同じのはなくて(半導体不足)、その日は諦めたんだけど、いやなにも同じものにこだわる必要なくない??って思って翌日また行って同じ店員さんを見つけて、他のももっと見たいですって言っていろいろたくさん説明していただき、無事に購入。

 

その次の大阪公演では下段スタンドでまぁまぁ前寄りだったけど本当に防振買ってよかったなぁって思いました。その後も名古屋、東京とずっとスタンド席でしたので、いかんなくその実力を堪能いたしました。

 

マジでここ数年で一番いい買い物したかも。お値段はどんどん上がっているようですし、重さもなかなかなので結構迷いますが、あるとないとじゃ大違いだなと実感したのでした。

善良な市民同盟

わたしはホラーとか所謂イヤミスとかなんというか狂ったお話とか大好きなのですけど「ただ離婚してないだけ」は、まさかこういうドラマに自担が出られるとは思っていなかったので、オタク史上もっともと言っていいほど嬉しい出来事だったんですけど、その時の監督で星新一の不思議な不思議な短編ドラマの一編「善良な市民同盟」に北山くんが主演しました。

 

www.nhk.jp

 

暗く沈んで淀んだ目から、生まれ変わったかのように穏やかな表情を見せる演技はもう北山くんならではな域に達してきてるなって思う。ラストにふっと前向きな未来を感じさせてくれたのが良かった。がっちりと信頼感のある作り手さんに囲まれて、北山くんの魅力が発揮されていた。何回も観てます。

 

嬉しい演技仕事が続くなぁって思っていたらもうまた次がやってきていた。

www.fujitv.co.jp

これもすごい好きな感じのストーリー。北山くんがわたしの好みの作品にたくさん出てくれて本当に嬉しい。

 

20220505 KAT-TUN LIVE TOUR2022 Honey@国立代々木競技場第一体育館

GWは飛び石でしたがなんとなくだらんと長かった気がする。5日はKAT-TUNのライブへ行きました。一緒に行っていた友達はすっかり卒業したので前々回から1人参加になって、別に全然一人でもいいんだけどなんとなくモチベーションが下がるというか・・・昔は一人だろうが全く気にならないしむしろ舞台とかだと今でも全然一人で行くんですけどね。不思議なもんです。

 

でもKAT-TUNはもともと遠征とかしないで都心の公演だけ行くっていうのをデビューの年から続けていて、実は一番自分的に健全な楽しみ方なんですよね。行きすぎるとすぐに満足して飽きてしまう性分なので。理想的な形が自分にとってはこれっていう。

 

ちなみにこの日はめちゃ暑くて暑い時期に満席って初めてだしどのくらいしんどいのかしら・・・って思ってたらむしろ会場は涼しくて快適だった。スタンド4列目の一番後方だったんだけど、バクステ近くてそこに移動してくるときはほんと目の前で観られて、こんな近くで観たのいつ以来だろう・・・って感じでした。三者三様のファンサが観られて良かったです。

 

今回のアルバムはおしゃれな感じ、大人な感じに寄せたってことでとても好きなんですけどMCになると途端に中2になるのが愛おしいw中丸くんが変わってるよねめんどくさいよねっていう扱いなのもとてもいいし一見マジモードで言い合いしてるのとかもなんかやっぱりそういう関係性を見たいんですよね。最近ちょっとしたことでケチが付いたりネガティブ寄りの意見が大きくなっていきがちなことが多いけど、そういう意味でもKAT-TUNはわたしにとってもはや原点ともいえる楽しみ方ができるグループだなと改めて思いました。

 

ってことで帰りにはすっかり別に全然一人でもいいじゃん♪っていう気持ちで帰って来たのでした。

 

あとじゃにのの影響なのか知らないけどもう中丸くんが何言っても面白いみたいな反応されてるのがすごい興味深い。無双だな。もともとちょっと毒のあるコメント力に秀でてると思っていたけどSNSでも中丸くんの一言一言が取り上げられてるのがさすがだなぁと。本人はめっちゃお疲れだったようだけど、相変わらず中丸くんの身体の使い方が大好きです。優雅。

 

 

卒業タイムリミット

4月から職場が変わって、しかも今は週2出勤なのでなんだかいろんなことに慣れずできずでモヤモヤしているうちにすっかりドラマは最終週へ。ほんと、そんな日々の癒しがこのドラマなんです。

 

www.nhk.jp

主演の井上君がとても好きな雰囲気の俳優さんであることも大きいです。

 

それにしても北山くんはこのドラマでは初のトメ俳優なのですけど、後半になるにつれその理由が腑に落ちまくる展開になっていて、もちろん演出や編集のお力あってのものだけど北山くん自身もふわっと妖精さんに徹していたのがすごいなぁと。でも今考えたらツアーの札幌で「役の感じで行くわ」っていいつつちょうチャラいラップで後半への煽りをやっていたのは匂わせだったのでしょうかね(笑)

 

北山くんが出ない回も熱心に見てしまうほど興味深いドラマです。どんなラストを迎えるのか楽しみ。

Kis-My-Ftに逢える de SHOW 2022

Kis-My-Ftに逢える de SHOW 2022ツアーはまだ福井公演を残していますが、わたしは静岡公演と北海道公演に行ってきました。

 

アリーナツアーということでまずチケット取れるのかいなという心配もありましたが、いつメンは全員当選ということで無事に3公演入ってきました(自分的に3~4公演入るのがベスト)。しかし始まってみればこういったご時世でいつ中止になるともわからない状況で、彼ら自身もモチベーション保つの大変だろうなと思いました。わたしとしてはいつ中止になっても別に構わないというか、そういうこと納得済みで申し込んだので、その時はその時という気持ちだけは常に持っておきました。

 

感染者が増えてきつつあった1月中旬でしたが、まん防はまだ発令されず、感染対策をしたうえでの開催でツアーが始まりました。

 

チェリマウにピントあってなくて申し訳ないwエコパアリーナは初めて入った会場でした。遠くはないんだけどいつも日程の都合上合わなかったのかな~。ちなみにこの日は東側スタンドでした。

 

ドン・ジュアンで11月に藤ヶ谷さんを、スノのライブに見学に来ていたニカちゃんをお見かけしたのが10月ってこと以外本当に久しぶりなキスマイでした。もうそれだけでなんだか胸いっぱいで姿を追うだけで精一杯。そんな中でも印象に残ったのはわたしの好みとしては以下。

 

・Fearの演出:静岡の時点では北山くんの演出かどうかわからないところがあったんですが、とにかく後ろに流れている映像がすごすぎる…とくぎ付けでメンバーを見るのを忘れちゃうほどでした・・・。わたしはホラー作品とかグロテスクな描写とか好きなので、おびただしい数の人の手で埋め尽くされてのカメラのスイッチとか、窓を這うような手とか、極めつけは人が樹木のようにうごめいている感じとか・・・ちょ、ここまでわたしの好みに寄せてきた方・・・お礼させてください!!!って感じでした(まさかの自担)。なんだろう・・・人間の欲望や罪深さを表していて秀逸でした。最後にその樹木が蝶となって散っていくところもなんとなく生まれ変わりというか輪廻転生とかそういうものを感じさせるような。この映像は本当に好きですね。最初の方の玉ちゃん、ニカちゃん、千ちゃんのパートに合わせて線画の一部がリアルな目や口になっているという違和感満載の映像もかなり好きです。

 

・Girl is mineの新しい振り付け:とにかくガルマイ好きであらゆる投票ものに必ずガルマイに入れるんですけど、前回の有観客で歌ったし今回セトリ入りすると思わなかったし、リニューアルされてて嬉しい。こうやって歌い繋いでいかれるのが嬉しい。照明も面白くて序盤の見せ場でした。

 

・SNOW DOMEの約束の映像:アレンジバージョンだったけど、北山くんの「星の中で手を繋ごう」パートが歌われて大満足。そして何よりキュンとしたのは、スクリーンの映像に加工されていて、スノードームの中で歌っているような映像になっていたことです。7人が並ぶスノードーム・・・欲しい。

 

・ETERNAL MINDのパフォーマンス:なんだろう・・・なんか若い時特有のギラギラした感じがこの歌の魅力なのだろうけど全員30代になってから歌うエタマイが色気と情熱とがうまいことミックスされてものすごくよかった。またこの時に着ている深緑の衣装がものすごくよい。今回のツアーであのシーンをまた観たいって思うのはこの曲だと思う。

 

と、そんな感じで胸いっぱいながらもあぁそうだったコンサートってこうやってみるんだという気持ちを取り戻した静岡。あと中居さんから頂いたという白いマイクをめっちゃ誇らしげに見せてきてすごいかわいかった。中居さんにもあの時のキスマイの姿を何らかの形で見ていただけるといいな~~。

 

ちなみに会場へは普通に新幹線→在来線を利用しました、掛川からタクシーというのもあったのですがまぁまぁ並んでいたので電車で愛野駅まで行って歩き。道広いしちょうどいい運動って感じでした。帰りも同様に。次回はレンタカーでもいいかなと思ったけど掛川で返して新幹線に乗るってなると時間くうかなぁと。

 

 

 

そして北海道へ。真駒内も初めて行った会場でした。雪が残っているのは覚悟していたので気にならず。スクリーマーズちゃんたちを雪において撮影できたので楽しかったです(このほかだいぶいろいろ撮った)。

 

さっぽろ駅の近くに泊まっていたので南北線真駒内シャトルバス(帰りは徒歩)でした。この日は昼夜当たっていたので間の時間は藻岩のイオンへ(15分くらい歩いたところにある)。結構間の時間はここへ行く人が多いので1部終わってすぐはフードコートが混雑するんだけど、1時間近くするとだいぶ空きました。わたしたちは2部も遅めの入場時間だったのでゆっくりしてからまた会場へ。

 

3月末の北海道でまぁまぁ寒いというか冬の東京くらいと想定していましたが今回は気温が高くて真冬の装備はいりませんでしたが風を通さないコート(フードが欲しい)と手袋はマストって感じでした。風が強いとやっぱり寒い。予備でウルトラライトダウン持って行ったけど使いませんでした。タイツも全然普段使いの50デニールくらいでよかった。

 

札幌公演はキスマイとしても3か所中止になった後でライブができる喜びをすごく感じました。MAHARAJAのテンションは千賀さんにかかってるって思ってたんだけど横尾さんがはじけていて、千賀さん的には一度心が折れるともうできないとのことでしたwトークしてても終始誰かが拾ったり盛り上げたりしていつも以上に感動してしまった。ニカちゃんにサングラスかけさせるくだりはYummy!!を思い出した。

 

北山くんは静岡の時から思っていたんだけどこれまでとは違う新しい魅せ方なのかなと。とにかくパフォーマンス重視している感じがしました。手先とか足先とかぴしっと伸びていて綺麗だし姿勢もすごくいいな~って思う箇所が随所にあった。ここ数年、北山くんのパフォーマンスがどんどん良くなるなという感覚があって、今回は一つの集大成的な・・・魅せ方が完成しつつあるのかなって少し思ったんですよね。演出やMCや任せられるところをある程度任せて、その後に自分自身をどう見せるかにシフトチェンジしていくのが年長者を押してて楽しい部分なので今後北山くんがどういう方向に進むのかがものすごく楽しみです。今回のツアーではパフォーマンスではキレが良く、ファンサは慈愛に満ちていて、これからを期待せずにはいられないなぁと改めて思いました。

 

昼は南側スタンドで、夜はアリーナAで、NAKEDが近くで見られたり、ファンサするメンバーを色々見られて楽しかった。旋回するステージの下にいたけど真下から北山くんを観たのは初めてだったかも(アリーナになってもムービングの下ってない)。真下から見ても北山くんはとてもキュートでした。全角度スーパーアイドルです。

 

北海道が本当に楽しかったので、また北海道でライブしてほしいなと思います。それはまた目標として、ドームツアーがまたどんな風にパワーアップするのかを楽しみに、残る福井公演がんばってください。

ただ離婚してないだけ

ただ離婚してないだけが昨夜最終回を迎えました。

 

原作とは違うってことはわかっていたし、11話見た後に結構いろいろ考えたんだけど、雪映を残して・・・ってことはきっとないだろうなぁと思って。でも12話のタイトルが「正隆と雪映」だったので、なんとなくだけど一旦離れていつかは・・・みたいな感じになるのかなぁと思ってました。

 

最初は家族を拒否していた正隆に気を使っている雪映という感じで同じ屋根の下で過ごすだけだった2人なんだけど、本物の家族になれそうな希望が出てきたときに萌のことがあって、それ以降歪んだ・・・というか建前上というか、よき夫婦でなければならない(正隆はいつも通りに過ごすんだと言ったけど)というプレッシャーの中でだんだんと家族になっていくのがなんとも切ない。私たちには子供が必要なんです、とか、何をするにも2人がいいと言っていた雪映のセリフがラストシーンで思い出されておおおおって思いました。弟の言うように身の丈に合ったというのか、自分たちがしてしまったことの落とし前のつけ方がこれなんだなと腑に落ちました。お互いへの愛はあるけど一緒に生きていくことはできない、でも家族という立場から逃げない、だからただ離婚してないだけという。正隆も、雪映にとってもこれが生きなおすってことなんだろうな。

 

こういうラスト、すごく好きです。本人たちが何かしらの希望をもって幸せであればよいという。人生は続いていくのだなぁと心の深いところにすとんと落ちてきた感じです。

 

北山くんの新しい一面が開花して、ファン以外からも注目されて反響があって、次にまた北山くんがどんな役と出会い評価されていくのか・・・それが一番楽しみです。